総量規制対象外の銀行借入

総量規制対象外のカードローンは基本的に銀行のカードローンのことを言います。当サイトでは何が総量規制で何が対象外なのかを少しだけ説明しています。現状の借入状況や収入の関係などで総量規制対象外のカードローンを選びたい方はコチラの銀行カードローンを参考にして下さい。

総量規制とは

そもそも総量規制とはどういう意味でしょうか?
これは、個人が借入をする際に、年収の3分の1以上は借り入れることができないという仕組みです。対象になるのは、個人向けの貸付です。個人がお金を借りようとした場合には、貸金業者が信用情報機関で個人の借入状況などを調査します。そこで、すでに年収の3分の1を利用している方や、3分の1まであまり余裕がない方は融資を受けることはできません。

 

また、貸付金額が50万円を超える場合や、総貸付金額が100万円を超える場合には、収入を証明する書類が必要になります。この総量規制ができた背景は、年々増加する多重債務者をなくすために制定された方法です。総量規制が適用された時点で、3分の1以上の借入をしていた方は、すぐに3分の1以上の分を返済する必要はありませんが、それ以降は借入ができなくなったのです。

 

返済に窮する方も多いと思いますが、ズルズルとキャッシングなどを利用してしまいますと、多重債務になり自己破産になることもありますので、消費者を守るという位置づけだと理解すべきだと思います。しかし、この総量規制は対象外になる借入もあります。

 

年収とは関係なく一定の目的の場合には、借入をすることができるのです。ローンが増えることは返済金額が大きくなるのですが、住宅ローンや事業ローンなどについては、特例が認められているのです。大きなローンを利用する際には、他のローンの利用がなくなるように返済しておくことが、最も必要なことだと思います。

 

総量規制対象外の主なローン

 

 

住宅ローン

 

マイカーローン

 

医療費ローン

 

事業者ローン

総量規制ってどんなもの?

みなさんは、総量規制と言う言葉をご存じでしょうか?総量規制は、利用者の年収に応じて3分の1以下であれば融資を行っても良いですよと法律で決められているもので、消費者金融や信販会社は、利用者に融資を行う場合、年収の3分の1以下であれば審査に通過した場合のみ、利用者に対して融資を行う事が出来ます。

 

この総量規制が出来た理由については、複数の金融機関から借入を行い、多重債務者が増加傾向にあったためと不動産価格の高騰を抑制する目的で法律として定められました。

 

この総量規制が出来てからは、借りやすいと言われていた消費者金融でも審査が厳しくなり、他社からの借入がある多重債務者に対して特に審査が厳しくなりました。

 

このような事から以前は、難なく借入する事が出来た消費者金融で再度申込を行っても審査で落ちてしまう方も結構居るようです。

 

この総量規制自体の目的が多重債務者を抑制する目的で作られているので、第3者からしてみると審査が厳しくなったことは利用者の事を考えると良いように見えますが、利用者からしてみればお金が必要だから申込を行うわけで、早急な借入が必要な人にとっては、嬉しく無い法律である事も確かです。

 

ちなみに銀行系の場合は、この総量規制による制限を受けません。

 

銀行系と言うのは、独自に銀行法と呼ばれるものがあり、総量規制対象外として認められているからです。

 

と言う事は、高額な融資を希望する場合、総量規制対象外である銀行系が良いのではないかと思われるかもしれませんが、銀行系と言うのは、審査が厳しいのでそう簡単に融資を受ける事は出来ません。

 

そのため、出来る事なら出来るだけご自身の年収を上げる事で総量規制を受けるにしても高額な借入が行う事が可能となります。

 

会社勤めの場合、勤続年数や役職によって年収も変わってくるので、容易にご自身で年収を上げる事は難しいですが、年収が高いと言う事は、今後融資を受ける上でメリットが大きいです。